記事一覧

大事な情報だから慎重に

パソコン

サービスの内容と料金の仕組みを確かめて

インターネットなどの広告で、パソコンやスマホのデータを復旧しますというサービスを見かけることがあります。サービスの概要としては、まず電話やメールあるいは直接店舗に修理対象となる機器を持ち込んで、データが壊れた状況とどういった情報を復旧させたいかといったことについて顧客側が説明します。その説明にもとづき、サービス会社側が機器の状況を診断し、データ復旧可否を判断します。作業が可能な場合は料金を支払い、後日、データ復旧作業が終わった機器を受け取るというのが大方の流れです。失われたデータが復旧できるというので利用したくなるサービスですが、基礎知識として知っておかなければならないことがあります。特に情報処理関連の知識があまりない人が認識しなければならないのは、復旧できないデータもあるという事実です。サービス会社の「なんでも復旧させます」という宣伝文句を見ると過剰に期待しがちですが、完全に水没した機器や高熱・衝撃などでハードが破壊されている場合などはデータが記録されていた機器が物理的に壊れているので復旧できない場合が多いです。また、ソフトウェアの中には記録されたデータを再現できないように完全消去してしまうものもあるので、この場合も復旧できる可能性は低いです。サービスの料金体系についても、作業を依頼する前によく確認することが重要です。特にどの時点から料金が発生するのかを確かめるのは大事で、最初に相談した段階から有料となる会社もあるので注意しましょう。追加料金についても確認が必要です。データが復旧してもしなくても固定料金なのか、成功した場合に追加で支払うのかなど書面にしたもので確かめておくと安心です。

Copyright© 2019 故障したハードディスクに残されたデータはデータ復旧業者に依頼すると取り戻すことができる All Rights Reserved.